Home
家具
   テーブル・つくえ
   ベンチ・スツール
   チェスト
   ドア
   キャビネット
   作りつけ家具
   その他
小物・雑貨
   フォトフレーム・額
   時計
   振り子時計
   ポスト
   その他
無垢の木の魅力
楢・メープル・チェリー・ブラックウォールナット・パイン材について
お問い合わせ
ご注文について
Profile
Link
家具工房 にいの屋では主に楢・メープル・チェリー・ブラックウォールナット・タモの広葉樹と
アメリカンカントリー家具などによく使われるパイン材を使って家具を作っています。
どの木も工房には製材されてがさがさの状態でやってきます。
それを機械にかけ、鉋をかけ、仕上げ磨きをしオイルをしみ込ませることで、その木がもっている美しさが
ぐぐっとひき出されます。
目が細かくてなめらかなもの、導管がはっきりしていて味わいのでるもの、木目の流れがきれいなもの、それぞれの木にそれぞれの魅力があります。
ここでは今にいの屋で使っている材料の魅力をご紹介したいと思います。
楢(ナラ)
楢は大変堅く、重く、丈夫で家具の材料として昔から使われてきました。
出来上がった家具は見た目にも堅そうで、重厚感があり、味わいがあります。
材料をとる方向によっては、左下の写真のように豹柄のような斑(ふ)と呼ばれる模様が出ることがあります。

板目では木目がはっきり現れます。

楢は洋家具にも和家具にも似合い、にいの屋ではクリアーのオイルフィニッシュか、古色という濃い塗装で仕上げています。
メープル
メープルはとてもきれいです。
どの木も仕上がるときれいなのですが、
その中でもメープルはとてもきめが細かくてなめらかで、手でなでてみるとつるっつるです。
また色は他の木と比べてかなり白いです。
正確には白というより肌色です。

メープルはかなり堅さもあり、傷もつきにくいです。
きれいな光沢があり、つるつる・ツヤツヤ・カチカチなメープルです。
 
チェリー
チェリーはオレンジがかった色を
しており、楢やタモのように木目がはっきりしていないのですっきりシンプルな印象の家具に仕上がります。
導管もほとんど目立たないので仕上がりはなめらかで、時間の経過とともにオレンジから濃い飴色へと変化していきます。

堅さ・重さは中程度で、とても人気のある木です。
ブラックウォールナット
ブラックウォールナットは作る側からすると、扱いやすい木です。
適度な堅さがあり、鉋やペーパーのかかりもよく、オイルをしみ込ませると黒光りがしてとてもきれいです。
この黒さは自然の色で、色が大変濃いので、木目も楢などに比べると目立たず、落ち着いた印象の家具に仕上がります。
辺材(木の外側部分)は写真のように白っぽくなっているのでなるべく見えないところに使うようにしています。
タモ
タモは落ち着いた雰囲気ががあって、
デザインや置く場所によって和にも洋にも合う、
お部屋に馴染みやすい木だと思います。
適度な堅さ・強度もあり、時間の経過とともに艶も出てとてもいい味が出てきます。
パイン
アメリカンカントリー家具に使われるパイン材。
ホワイトパイン・ボンデロッサパインを使っています。
パインは広葉樹に比べて柔らかく、軽いです。
きれいな木目の流れと節が特徴的で、広葉樹とはまた違ったあたたかい雰囲気があります。
広葉樹の家具にはあまり節のないところを使いますが、パインにはそれぞれの節にいろんな表情があり、それがパイン材のいいところだと思います。
時折左の写真のような斑点模様がでてることもあり、私はこの模様の部分がお気に入りです。
やわらかいので傷もつきやすいのですが、それがまたパイン家具のいい味となって、何十年とたったときに一層温かみのある思い出の家具になってくれます。